左派連合内閣(フランス)(読み)さはれんごうないかく

旺文社世界史事典 三訂版の解説

左派連合内閣(フランス)
さはれんごうないかく

1924年の選挙で成立した急進社会党エリオ首班とする左派内閣
第一次世界大戦以降フランスの政治を動かしていた保守勢力の「ブロック−ナショナル」に対抗し,社会党・急進社会党は「左翼カルテル」と呼ばれる提携を結んで選挙に勝利し,エリオ内閣を成立させた。1925年に崩壊するまでその期間は短かったが,ルール撤兵,ドーズ案の受け入れ,ソ連承認など国際協調政策を進めた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android