コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢有久 こせの ともひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢有久 こせの-ともひさ

?-? 鎌倉-南北朝時代の画家。
巨勢有行(ともゆき)の子といわれ,壱岐守(いきのかみ),絵所(えどころ)長者。正和(しょうわ)5年(1316)曼荼羅(まんだら)をえがき,正中(しょうちゅう)2年京都東寺の大仏師職(だいぶつししき)(絵仏師)となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

巨勢有久

生年:生没年不詳
鎌倉末期から南北朝期にかけての巨勢派の絵師。壱岐守。巨勢派系図では有行の子で行忠の父とされるが,初代巨勢金岡以来の正系を継ぐものかどうかは未詳。宮廷絵所絵師,系図には従五位下,采女正の位官を受けたとある。正中2(1325)年東寺大仏師職に補任,東寺西院の「両界曼荼羅」を描いた(1334)。ほかには山門の「尊勝印陀羅尼本尊」制作(1344)の記録などが散見されるのみで,作品は現存しない。<参考文献>谷信一『室町時代美術史論』

(相澤正彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

巨勢有久の関連キーワード南北朝時代巨勢行忠巨勢有行谷信一