コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵所 えどころ

4件 の用語解説(絵所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絵所
えどころ

平安時代以降,宮廷や社寺に所属し絵画制作を担当した機関。大同3 (808) 年,それまでの画工司 (えだくみのつかさ) が廃止されたのち,9世紀なかばに宮廷内に設立された。組織としては,事務を司る別当の下に専門絵師の預 (あずかり) と墨書 (すみがき) が配され,さらに補助的な雑工がいた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

え‐どころ〔ヱ‐〕【絵所/画所】

絵画に関することをつかさどった役所。平安時代には朝廷に置かれたが、鎌倉時代以後は住吉春日(かすが)神社、本願寺など大きな社寺にも設けられるようになり、室町幕府江戸幕府もこれを設けた。また、そこに属した絵師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

絵所【えどころ】

画所とも書き,平安時代以降宮廷や寺社で絵画制作を担当した機関・工房。9世紀後半にできた宮廷の絵所は奈良時代の画工司(がこうし)の系統をひくもので,別当五位蔵人)のほか,預(あずかり),墨書(すみがき),内豎(ないじゅ),熟食(じゅくしょく)の4種類の職員をもつ。
→関連項目土佐光起

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えどころ【絵所】

絵画や意匠などを制作,考案する工房。また,その工房を組織する絵師をもさす。8世紀の初期に律令制が整備されると,中務省内に図書寮などとともに,画工司(えだくみのつかさ)が当時の公的な絵画制作の機関として設けられた。だが,この時期の大規模な国営事業に際して編成された令制外の造営官司に,〈絵所〉と記す作業工房の存在したことが《正倉院文書》によって知られる。この絵所は,しかし,8世紀末から始まる官営工房の解体や削減によって,中務省管下の内匠寮に縮小,吸収された画工司とともに,その消息を失う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

絵所の関連キーワードシュレンマー意匠登録提案提議意匠原簿数寄屋エール工房de伊賀かみなりアンバーくのいちペール芭蕉ウィート

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

絵所の関連情報