コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨大尿管症 きょだいにょうかんしょうMegaureter

家庭医学館の解説

きょだいにょうかんしょう【巨大尿管症 Megaureter】

[どんな病気か]
 尿管が著しく膨らんで太くなった状態をいいます。尿管や尿道(にょうどう)の閉塞(へいそく)によるもの、膀胱尿管逆流(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅう)(「膀胱尿管逆流」)によるもの、その両方またはどちらでもないものなど、原因によってタイプはいくつかあります。尿管の機能異常(尿を下方に送る蠕動運動(ぜんどううんどう)の欠如)が原因であることもあります。
[症状]
 尿の流れが悪いために尿路の感染がおこって、発熱、わき腹の痛み、排尿痛などの症状がみられますが、無症状のこともあり、偶然見つかることがあります。また尿管の膨らみがひどくなると、腹部膨満、腹部腫瘤(しゅりゅう)として発見されることがあります。
 排泄性腎盂造影(はいせつせいじんうぞうえい)、逆行性腎盂造影(ぎゃっこうせいじんうぞうえい)、CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気画像診断装置)などによって診断されます。
[治療]
 可能ならば、尿管内の圧力を高めている原因部分を切除し、膨らんだ尿管を修復して膀胱につなぎなおします。腎機能の回復が望めない場合は、腎臓と尿管を摘出します。膀胱や尿道など下部尿路の閉塞が原因であれば、その原因を治療します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android