巫女秋沙(読み)ミコアイサ

デジタル大辞泉の解説

みこ‐あいさ【巫秋沙】

カモ科アイサ属の鳥。全長44センチくらい。雄は全身ほぼ白色で、背や目先部分が黒く、俗にパンダガモともよぶ。雌は頭の上半分が褐色、下半分が白色で、背は灰褐色。ユーラシア大陸北部に分布し、日本では主に冬鳥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みこあいさ【巫女秋沙】

カモ目カモ科の水鳥。全長40センチメートルほどで、アイサ類の最小種。雄は体のほとんどが白色で、背と顔の一部が黒い。雌は灰褐色で、頭は赤褐色、のどからほおにかけて白色。ユーラシア中北部で繁殖し、日本には冬鳥として渡来。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android