冬鳥(読み)ふゆどり(英語表記)winter visitor

日本大百科全書(ニッポニカ)「冬鳥」の解説

冬鳥
ふゆどり
winter visitor
winter resident
winter bird

北半球の温帯でつくられた概念で、ある地域に秋になると現れてそこで越冬し、春になると姿を消すをいう。したがって、冬のはっきりしない地方では適用できない。

[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「冬鳥」の解説

ふゆ‐どり【冬鳥】

〘名〙 渡り鳥の一種。その地域では繁殖せず、冬季にのみ現われる鳥。日本では、シベリア方面から渡来するものが多い。ガン・カモ類、ツグミマナヅルナベヅルなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「冬鳥」の解説

ふゆ‐どり【冬鳥】

秋に来て冬を越し、春に去る渡り鳥。日本ではシベリア方面から渡来するものが多い。ハクチョウカモツルツグミなど。→夏鳥
[類語]野鳥水鳥水禽海鳥家禽飼い鳥渡り鳥候鳥夏鳥漂鳥留鳥旅鳥迷鳥禁鳥保護鳥益鳥害鳥雄鶏雌鳥小鳥猛禽鳴禽珍鳥始祖鳥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の冬鳥の言及

【渡り鳥】より

…やがてこれらの鳥も秋になると南をさして渡っていく。前者を冬鳥winter bird,後者を夏鳥summer birdという。さらにこれらのほかに,北極圏やシベリア地方で繁殖し,オーストラリア方面まで渡って越冬するオオジシギをはじめトウネン,ムナグロ,ダイゼンなどシギ・チドリ類は,春と秋の年2回日本に立ち寄るので,これらを旅鳥travelerと呼んでいる。…

※「冬鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android