冬鳥(読み)ふゆどり

大辞林 第三版の解説

ふゆどり【冬鳥】

秋、北方から渡来して越冬し、春、北方に去ってそこで繁殖する渡り鳥。日本ではガン・カモ・ツグミなど。 ⇔ 夏鳥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冬鳥
ふゆどり
winter visitorwinter residentwinter bird

北半球の温帯でつくられた概念で、ある地域に秋になると現れてそこで越冬し、春になると姿を消す鳥をいう。したがって、冬のはっきりしない地方では適用できない。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふゆ‐どり【冬鳥】

〘名〙 渡り鳥の一種。その地域では繁殖せず、冬季にのみ現われる鳥。日本では、シベリア方面から渡来するものが多い。ガン・カモ類、ツグミ、マナヅルナベヅルなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の冬鳥の言及

【渡り鳥】より

…やがてこれらの鳥も秋になると南をさして渡っていく。前者を冬鳥winter bird,後者を夏鳥summer birdという。さらにこれらのほかに,北極圏やシベリア地方で繁殖し,オーストラリア方面まで渡って越冬するオオジシギをはじめトウネン,ムナグロ,ダイゼンなどシギ・チドリ類は,春と秋の年2回日本に立ち寄るので,これらを旅鳥travelerと呼んでいる。…

※「冬鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冬鳥の関連情報