コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差し覗く サシノゾク

デジタル大辞泉の解説

さし‐のぞ・く【差し×覗く】

[動カ五(四)]
すきまや物陰から、そっとのぞく。
「馬に面して彳(たたず)んだ月下の美女の姿を―・くが如く」〈鏡花高野聖
ようすを見に立ち寄る。訪れる。
「日々に参り給ふ音すれど、こなたには―・き給はず」〈夜の寝覚・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さしのぞく【差し覗く】

( 動五[四] )
のぞく。 「密そつと斜に-・けば中に密々ひそひそと語り合へる人あるを見る/鉄仮面 涙香
ちょっと訪れる。立ち寄る。 「殿は、東の御方にも、-・き給ひて/源氏

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

差し覗くの関連キーワード御方涙香

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android