コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻上げ まきあげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻上げ
まきあげ

土器,陶器の製作法の一種。紐状の粘土を螺旋状に巻上げてつくる方法。ともに粘土紐を用いることから,紐作りと総称される輪積み法などとともに,轆轤 (ろくろ) 使用以前の土器製作法として用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まき‐あげ【巻(き)上げ/×捲き上げ/巻(き)揚げ】

巻きあげること。また、巻きあげたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の巻上げの言及

【土器】より

…ろくろを使うと,回転運動の遠心力を利用して,粘土塊から器の形を挽(ひ)き出すことができる。ろくろを使わない土器作りには,(1)粘土塊の中央に指でくぼみを作り,しだいに周囲の壁を薄くして器の形に仕上げる〈手捏ね(てづくね)〉,(2)粘土紐,あるいはそれを平らにした粘土帯を環状(輪積み),螺旋(らせん)状(巻上げ)に積み重ねて器の形を作る〈紐作り〉,(3)既成の土器の下半部や籠あるいは専用の型を用意し,その内側に粘土を押しつけて器の形を作る〈型起し(型作り)〉の方法がある。紐作りでは,木の葉,網代(あじろ),布,板などを下敷にしたり,回転可能な台(回転台)上で作業したりして,製作中の土器の向きを変えることが多い。…

※「巻上げ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巻上げの関連キーワードリフトオン・リフトオフ船ベネシャンブラインドシャッター(建築)リミット・スイッチトロールウインチチェーンブロックドローワークススチールサッシバンドブレーキネットホーラー自動巻き時計キャプスタン荷重ブレーキ先住民土地法ジブクレーンブレーキ装置ヘッドシーブエレベータフォンタナクレーン秤

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巻上げの関連情報