コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場開放政策 しじょうかいほうせいさく market-opening

2件 の用語解説(市場開放政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場開放政策
しじょうかいほうせいさく
market-opening

自由競争を尊重する立場から,一国が関税や輸入割り当てなどの貿易障壁を軽減,撤廃して,自らの国内市場を諸外国からの輸出に対して開放すべく採る政策のこと。近年になって,諸外国から日本の保護主義的な性格に対して非難が向けられるとともに,強い市場開放要求が提出されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

市場開放政策

経済政策において、雇用の確保等の立場から、特定の産業に優遇措置をとったり、特定の品目の輸入規制を設けたりすることがある。これらは産業保護政策と呼ばれる。これに対し、保護や規制を撤廃し自由競争を尊重する立場が市場開放政策である。1980年代後半頃から増大した日本の巨額の貿易黒字は、産業保護政策をとっていた日本の輸入構造に起因する部分も大きいとの認識から、日本に対する諸外国の市場開放圧力は強まった。その代表ともいえる農産物は、88年に牛肉とオレンジ、93年にコメなどが全面的に輸入自由化された半面、中国産農産物に対するセーフガード(緊急輸入制限)暫定発動の動きもあった(2001年)。他方、市場開放の要求はサービス分野にも拡大し、金融市場も「日本版金融ビッグバン」により、ほぼ全面開放された。

(本庄真 大和総研監査役 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市場開放政策の関連キーワード異教EPIマネタリズム(Monetarism)《経済政策原理》《経済政策論》自動車の保管場所の確保等に関する法律新経済政策(アメリカ)新経済政策(ソ連)賃金の支払の確保等に関する法律《二重社会の経済学と経済政策》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市場開放政策の関連情報