コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川平三郎 いちかわ へいざぶろう

1件 の用語解説(市川平三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川平三郎 いちかわ-へいざぶろう

1923- 昭和後期-平成時代の放射線医学者。
大正12年10月28日生まれ。千葉大助教授,国立がんセンター放射線科医長をへて,昭和51年同病院長。胃のX線二重造影法白壁彦夫,熊倉賢二とともに開発し,胃がんの早期発見に貢献した。日本癌(がん)治療学会会長などをつとめた。東京出身。千葉医大(現千葉大)卒。著作に「胃X線診断の実際」(共著)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

市川平三郎の関連キーワード熊取敏之古賀良彦菅原努武田俊光塚本憲甫中泉正徳中島良貞長橋正道樋口助弘森山紀之

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone