コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白壁彦夫 しらかべ ひこお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白壁彦夫 しらかべ-ひこお

1921-1994 昭和後期-平成時代の内科学者。
大正10年10月12日生まれ。千葉大講師をへて,昭和43年順天堂大教授となる。胃のX線二重造影法を開発し,胃がんの早期発見に寄与した。45年朝日賞。61年アメリカ消化器放射線医学会の「キャノン-メダル」を受賞。平成6年12月29日死去。73歳。福岡県出身。千葉医大(現千葉大)卒。著作に「腹部X線読影テキスト」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白壁彦夫の関連キーワード市川平三郎二重造影法

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android