コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川彬斎 いちかわ ひんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川彬斎 いちかわ-ひんさい

?-? 幕末の儒者。
土佐(高知県)の人。陽明学派に属し,詩と書にすぐれた。高知藩校致道館で教授補導となる。同館教授の奥宮慥斎(おくのみや-ぞうさい)(1811-77)と親交があった。名は永保。字(あざな)は子文。通称は庫次。著作に「彬斎日記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川彬斎の関連キーワード儒者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android