コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川昭介 いちかわ しょうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川昭介 いちかわ-しょうすけ

1933-2006 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和8年1月4日生まれ。郡山工を卒業して上京。歌手の鞄(かばん)持ち,前座歌手をへて作曲の道にすすみ,昭和36年島倉千代子の「恋しているんだもん」でデビュー。39年都はるみの「アンコ椿は恋の花」につづき「涙の連絡船」「大阪しぐれ」「さざんかの宿」などをヒットさせた。平成18年9月26日死去。73歳。福島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市川昭介の関連キーワード好きになった人多岐川舞子二人の大阪杉良太郎雨の大阪水なし川海峡氷雨みれん酒戻り川恋挽歌浪花盃忍ぶ雨雪中花細雪大志