コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川森一 いちかわ しんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川森一 いちかわ-しんいち

1941-2011 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和16年4月17日生まれ。41年テレビドラマ「快獣ブースカ」でデビュー。「黄金の日日」で地位を確立し,「淋しいのはお前だけじゃない」で第1回向田邦子賞。平成元年「もどり橋」ほかで芸術選奨。11年「幽婚」でモンテカルロテレビ祭最優秀脚本賞。映画作品に「異人たちとの夏」。12年日本放送作家協会理事長。平成23年12月10日死去。70歳。長崎県出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

市川森一【いちかわしんいち】

脚本家・劇作家。長崎県諫早市出身。日本大学芸術学部卒業。1960年代から70年代は,TBS版《ウルトラシリーズ》の脚本など,主としてTV子ども番組でヒット作をてがけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

市川森一の関連キーワード木綿のハンカチ〈2〉 ライトウインズ物語木綿のハンカチ ライトウインズ物語女性捜査班 アイキャッチャー淀川長治物語神戸篇 サイナラ往診ドクター事件カルテ放送倫理検証委員会LAST HOPE明日を抱きしめて長崎ぶらぶら節傷だらけの天使代表取締役刑事その日のまえに夢暦 長崎奉行鏡は眠らないさよならママ山河燃ゆ櫻井智也脚本家花の乱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市川森一の関連情報