コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向田邦子 むこうだくにこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

向田邦子
むこうだくにこ

[生]1929.11.28. 東京
[没]1981.8.22. 台湾
放送作家,小説家。実践女子専門学校国語科卒業。映画雑誌編集のかたわらラジオテレビの台本を執筆。 1964年から放映されたテレビドラマ『七人の孫』が大ヒットし,人気作家となった。以後『時間ですよ』『だいこんの花』『寺内貫太郎一家』『阿修羅のごとく』など作品のすべてが高視聴率を記録。 79年から小説を書きはじめ,80年『花の名前』『かわうそ』『犬小屋』で直木賞受賞。『あ・うん』『隣りの女』 (ともに 1981) などにみえる鋭い人間観察で健筆ぶりを示した。そのほか『父の詫び状』 (78) などの随筆でも知られる。 81年台湾旅行中に飛行機事故のため没した。 83年すぐれた脚本に与えられる「向田邦子賞」が創設されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

向田邦子

1929年11月、世田谷区生まれ。60年代から本格的にテレビやラジオの脚本を書き始め、「森繁の重役読本」「だいこんの花」「寺内貫太郎一家」などで一世を風靡(ふうび)する。連載短編小説思い出トランプ」の中の「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で80年に直木賞。長編小説に「あ・うん」など。81年8月、台湾旅行中の飛行機事故により51歳で死去。

(2012-11-01 朝日新聞 朝刊 都 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むこうだ‐くにこ〔むかふだ‐〕【向田邦子】

[1929~1981]脚本家・小説家。東京の生まれ。脚本家として「七人の孫」「時間ですよ」など多数のヒット作を世に送り出す。その後、エッセー集や小説を発表し、人気を集めた。短編小説「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で直木賞受賞。他に「寺内貫太郎一家」「男(お)どき女(め)どき」、エッセー集「父の詫び状」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

向田邦子【むこうだくにこ】

脚本家,小説家。東京生れ。実践女子専門学校卒。雑誌編集記者を経て,テレビの脚本家として活躍。その後《花の名前》《犬小屋》《かわうそ》(いずれも1980年)の短編小説で第83回直木賞を受賞。
→関連項目市川森一杉浦直樹高倉健

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向田邦子 むこうだ-くにこ

1929-1981 昭和時代後期の小説家。
昭和4年11月28日生まれ。映画雑誌記者をへて放送作家となり,「時間ですよ」「阿修羅(あしゅら)のごとく」などのテレビドラマで高視聴率をえた。昭和55年「思い出トランプ」中の短編連作で直木賞受賞。台湾旅行中の航空機事故により,昭和56年8月22日死去。51歳。東京出身。実践女専卒。作品はほかに「父の詫び状」「あ・うん」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むこうだくにこ【向田邦子】

1929~1981) 作家。東京生まれ。実践女専卒。人気テレビ-ドラマの脚本から小説に転じた。短編集「思い出トランプ」、エッセイ集「父の詫び状」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向田邦子
むこうだくにこ
(1929―1981)

放送作家、小説家。東京生まれ。実践女子専門学校(現、実践女子大学)国語科卒業。映画雑誌編集者のかたわらラジオやテレビの脚本を書くようになり、『森繁(もりしげ)の重役読本』(1962~1969)、『七人の孫』(1964)などで人気ライターとなる。1976年(昭和51)小説風な自伝的エッセイ『父の詫(わ)び状』(1976~1978)を発表、散文家としても注目されたが、1980年、連載の短編小説『花の名前』『かわうそ』『犬小屋』で直木賞を受けた。日常の些事(さじ)を描きながら人生の暗部をかいまみせる巧みな芸が期待されたが、翌1981年、台湾旅行中に飛行機事故で急逝。ほかに『寺内貫太郎一家』(1975)、『あ・うん』(1981)、『隣りの女』(1981)などの著がある。[沖山明徳]
『『花の名前/他』(『思い出トランプ』所収・新潮文庫) ▽『父の詫び状』(文春文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の向田邦子の言及

【ホームドラマ】より

… こうしたホームドラマは,一見,身動きの取れぬマンネリズムに陥りそうに思えるが,上記のような大枠の中での〈細部の変奏〉はまったく自由であり,そのような多様な細部が,出演人気タレントのバラエティの魅力とともに,これまで多くの人々を楽しませてきた。また,近年活躍した橋田寿賀子(1925‐ ),山田太一(1934‐ ),向田邦子(1929‐81)といった第一線のシナリオライター(ちなみに,橋田は松竹脚本部の出身であり,山田は松竹で木下恵介の助監督をしていた)の諸作品にみられたように,ホームドラマは現実の家庭の人間関係の変貌や種々の社会的問題を,ある距離を置きながらも,その中に反映させて,同時代の身近なドラマとして〈茶の間〉の人気を保ち続けている。【川添 裕】。…

※「向田邦子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

向田邦子の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

向田邦子の関連情報