コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布施氏 ふせうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ふせうじ【布施氏】

中世武家。鎌倉幕府問注所執事三善氏の一族。鎌倉期《吾妻鏡》に布施康定・康高・行忠などの名がみえ,南北朝初期以来,室町幕府の奉行人として布施資連・基連・聖超・常進・貞基・為基・清基・英基などがいる。彼らは御前奉行となり,また有力寺社の担当奉行となった。室町後期,布施氏の所領は山城に広く分布した(宝荘厳院敷地内,賀茂内高岸,梅宮社沽却分など)。一族は美濃,三河,相模など諸国にもみえる。そのほかこの一族ではないが,大和国(応神天皇後裔,古代布勢君の裔,大和国葛下郡の豪族),近江国(伊香姓,近江国伊香郡布勢より起こる),また信濃国(更級郡布施より起こる)などにも布施氏がいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

布施氏の関連キーワード蟹養斎津山

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

布施氏の関連情報