コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布直垂 ヌノヒタタレ

デジタル大辞泉の解説

ぬの‐ひたたれ【布直垂】

布で作った直垂近世、麻地などの布製は地下(じげ)の諸大夫の料となり、武家では大紋(だいもん)と称した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬのひたたれ【布直垂】

麻などの布製の直垂。江戸時代には五位の武家、すなわち諸大夫以上の礼服となり、大紋だいもんと称した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

布直垂の関連キーワード江戸時代礼服

布直垂の関連情報