コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆別銭 ほべちせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帆別銭
ほべちせん

室町~戦国時代の船税。帆役船役ともいう。津料一種で,港湾に出入する船舶の帆を単位として課せられた。江戸時代にも,これと同質のものに帆別運上 (→運上 ) があり,広範囲に行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の帆別銭の言及

【艘別銭】より

…いずれも1艘別に銭貨を徴収している。これと類似したものに帆別銭がある。帆別銭は南北朝末期に神奈川,品河などの関東の浦々で,出入りの船舶の帆1段につき300文を徴収した例がある。…

※「帆別銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帆別銭の関連キーワード神奈川艘別銭室町

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android