帆足通楨(読み)ほあし つうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

帆足通楨 ほあし-つうてい

1737-1785 江戸時代中期の医師。
元文2年生まれ。村井見朴(けんぼく)の次男。肥後(熊本県)宇土(うと)藩の侍医帆足家をつぐ。吉益東洞(よします-とうどう)にまなび,兄村井琴山(きんざん)ともども古医方をおさめ,九州にひろめた。天明5年死去。49歳。肥後出身。初名は松。字(あざな)は子幹,喬年。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android