コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇土 ウト

2件 の用語解説(宇土の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うと【宇土】

熊本県中部の市。宇土半島の基部にあり、ノリなどの養殖が行われる。天正年間(1573~1592)に小西行長城下町として発展。江戸時代につくられた上水道があり、その轟(とどろき)水源は豊富な湧水(ゆうすい)で知られる。人口3.8万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うと【宇土】

熊本県中部、島原湾に臨む市。近世、小西氏・細川氏の城下町で、キリシタン文化の中心地。ノリ・貝類の養殖やミカン・メロンなどの栽培が盛ん。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇土の関連情報