コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希少資源 きしょうしげん

世界大百科事典 第2版の解説

きしょうしげん【希少資源】

その利用可能量が欲求に比べて相対的に限定されている資源をいう。利用可能量が欲求に比べて限定されておらず,希少性をもたない資源は,いかに有用であり効用をもとうとも,経済学の対象とはならず,希少資源こそがその対象となる。そして,財やサービスを生産するために,希少資源を効率的に配分するメカニズムの研究が,古くから経済学の研究課題であった。自由市場における価格機構は,希少資源を効率的に配分するすぐれたメカニズムの一つである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の希少資源の言及

【資源配分】より

…資源配分とは一般に,さまざまな希少資源がなにをどのようにつくるために配分されるかということを意味するが,経済学の概念として基本的な役割を果たすものである。経済学者のなかには,たとえばロビンズLionel Charles Robbins(1898‐1984)のように,科学としての経済学の主要な課題は,資源配分の問題を解くことであるという主張をする人もいるほどである。…

※「希少資源」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

希少資源の関連キーワード第3期科学技術基本計画におけるナノテクノロジーショート=サプライ条項元素戦略プロジェクト希少性の原理オストロムPPBS資源配分価値分配予算

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

希少資源の関連情報