帝国臓器製薬(読み)ていこくぞうきせいやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝国臓器製薬
ていこくぞうきせいやく

医薬品メーカー。 1920年創業。 1929年帝国社臓器薬研究所として設立。 1945年帝国臓器製薬に社名変更。前立腺肥大症,癌治療薬,骨粗鬆症治療薬などホルモン剤消化性潰瘍治療剤,成人病薬を主力製品とし臨床検査薬分野および動物薬への展開にも注力医薬情報担当者 (MR) の充実により独自の営業路線を開発。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android