コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝政問題 ていせいもんだい

世界大百科事典 第2版の解説

ていせいもんだい【帝政問題】

中華民国初期,1915年から16年にかけて大総統袁世凱が,民国を廃して帝政を復活させようとし,83日で失敗に帰した事件。袁世凱は,民国5年(1916)を洪憲元年と改元し,実質的には皇帝としてふるまったが,正式即位には至らなかった。袁世凱の野心にきっかけを与えたのは,日本の二十一ヵ条要求であった。1915年春,国家の存亡にかかわる広範な要求をつきつけられて,中国民衆の愛国心は大きく燃え上がり,日本商品ボイコット,国産品愛用,救国のための拠金を訴える運動が各地で展開された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帝政問題の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット高校野球[各個指定]芸能部門グリフィスデミル(Cecil Blount De Mille)三木露風日本の医学史(年表)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android