失意(読み)しつい

精選版 日本国語大辞典「失意」の解説

しつ‐い【失意】

〙 思うようにならないで希望をなくすこと。また、望みをとげられないために不満に思っていること。〔新令字解(1868)〕
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一一「得意な小野さんは同時に失意(シツイ)である」 〔鮑照‐代結客少年場行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「失意」の解説

しつ‐い【失意】

望みが遂げられなかったり、当てが外れたりして、がっかりすること。「失意のどん底」「失意のうちに世を去る」⇔得意
[類語]がっかり失望落胆絶望幻滅がっくりげっそり脱力虚脱・失墜感・気落ち気抜け拍子抜け力抜け腑抜け力落とし意気阻喪しょんぼりぽつねんと悄然意気消沈しおしおすごすごしょぼしょぼしょぼくれるしょぼたれるしょぼんとしゅん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「失意」の解説

【失意】しつい

思うにまかせぬ。不本意なこと。〔三国志、呂布伝〕()行止常に布を以て自ら衞る。然れども卓の性、にして(へん)、~嘗(かつ)て小(すこ)しくを失し、手戟(しゆげき)を拔きて布に(なげう)つ。布、(けんせふ)して之れをく。~(ひそ)かに卓を怨む。

字通「失」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android