コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯状対流雲 おびじょうたいりゅううん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯状対流雲
おびじょうたいりゅううん

冬の日本海で,寒気の吹き出しに伴って現れる幅の広い帯状の雲域。寒気の吹き出しに伴う筋状雲走向とほぼ直交する雲と,南縁に積乱雲を含む活発な対流雲列とで構成される。この雲は朝鮮半島北部または沿海州南部付近から始まり,季節風風向に沿って伸び,主として北陸地方山陰地方に達し,強風や降雪となることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android