コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲域 くもいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲域
くもいき

気象衛星からの雲画像で,まとまりをもったの領域。雲域を追跡することにより,雲域の高度の風向・風速を推定することができる。また,帯状に連続した雲域を雲の帯(雲バンド)といい,台風に伴う外側の雲の帯や対流性の雲域,前線に伴う中・下層,上・中・下層などの多層構造の帯状の雲域をさす。雲バンドの幅は緯度 1°(約 100km)以上で,長さの 4倍以上あることが基準となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

うんいき【雲域】

雲の広がりおおっている範囲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雲域の関連キーワードテーパリングクラウドクラウドクラスタークローズドセルオープンセル物理気象学衛星海洋学帯状対流雲バルジ広がり範囲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android