帰服・帰伏(読み)きふく

大辞林 第三版の解説

きふく【帰服・帰伏】

( 名 ) スル
つき従うこと。支配下に入ること。帰順。 「政法に-せしむる/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ふく【帰服・帰伏】

〘名〙 (古くは「きぶく」とも)
① つき従うこと。支配下にはいること。服従。帰順。降伏。降参。
※続日本紀‐宝亀六年(775)一一月乙巳「懐柔帰服」
仮名草子・大坂物語(古活字版第一種)(1615頃)「九州四海皆関東にきふくし奉り」 〔後漢書‐李固伝〕
② 帰依すること。
※私聚百因縁集(1257)二「邪魔外道も世尊に向って、帰伏(キフク)する、如来方便の無辺なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android