降参(読み)こうさん

精選版 日本国語大辞典「降参」の解説

こう‐さん カウ‥【降参】

〘名〙
① 戦いや争い・競争などに負けて敵に服従すること。投降降伏
※保元(1220頃か)中「礼儀を存ぜば、弓をふせて参仕れ」
② やっかいな事柄にどうしようもなくて閉口すること。手におえないで困りきること。まいること。
※浄瑠璃・男作五雁金(1742)安治川芝居足揃「何と見たか、皆降参降参」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「表のどぶへ金とんを掘りに行きませうと促がすに至っては僕も降参したね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「降参」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「降参」の解説

こうさん【降参】

たんに降とも称し,合戦において勢いが尽きて服従する行為をいう。降参した者すなわち降人は多く捕縛され,顔に紙をかけられる。これは中国の面縛故事にもとづく作法であるが,降人のへの配慮を加味したものでもあったという。後三年の役で清原武衡(たけひら)が降参を申し入れたにもかかわらず,源義家が降参とは戦場で戦わなかった者のみを助けるのが法であり,戦った者はこの限りではないとして武衡を斬ったという話もあるが(《奥州後三年記》),降参人にたいする扱いは時々の事情により異なった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android