帰納的(読み)キノウテキ

大辞林 第三版の解説

きのうてき【帰納的】

( 形動 )
推論の手続きが帰納によっているさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きのう‐てき キナフ‥【帰納的】

〘形動〙 個々の特殊な事実から一般的な原理、法則を導く方法によるさま。⇔演繹(えんえき)的
※柵草紙の山房論文(1891‐92)〈森鴎外逍遙子の諸評語「逍遙子おもへらく、批評著作本旨所在を発揮することをもて専とすべし。帰納的なるべし。没理想的なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰納的の関連情報