コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帳合(い) チョウアイ

1件 の用語解説(帳合(い)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐あい〔チヤウあひ〕【帳合(い)】

現金や商品の出入り・有高と帳簿とを照合して、計算・記入の正誤を確かめること。
帳簿に収支を記入して、損益を計算すること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の帳合(い)の言及

【商業帳簿】より

… 帳簿記入の数字には各商家独自の符牒が用いられることも多く,原始記録簿からの仕訳・関連帳簿への転記,抹消にはいちいち照合印を押捺(おうなつ)することによって正確が期された。当時このような帳簿記入の事務を帳合(ちようあい)といい,帳簿の名称,記帳方法,決算時期など帳簿会計に関する規定が家法,店則の類に含まれるなど,大経営の商家では家計と営業の分離が進行,定着するなかで,固有の帳簿組織による帳合法(簿記法)を成立させていった。期末棚卸資産の確認としての店卸帳(決算簿)は商家によっては算用帳,勘定目録帳などとも呼ばれ,年1回年頭の正月あるいは盆,暮れ年2期に作成された。…

※「帳合(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone