コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常明 じょうみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常明 じょうみょう

?-? 平安時代後期の絵仏師。
頼助(らいじょ)の子。久安6年(1150)平清盛によって再興された高野山金剛峰寺(こんごうぶじ)金堂の「両界曼荼羅(まんだら)」を制作。この作品は清盛の頭血を絵の具にくわえてえがかれたといわれ,血曼荼羅とよばれる。法名は常妙,浄明,静妙とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

常明の関連キーワード滋賀県甲賀市土山町南土山ブック・クラブ11月27日昼行性動物長屋王願経日本外交史ハスジギヌ下村尾山中島源蔵心形刀流甲賀市輝線星太平寺林遠里源和子浅井忠曇寂土山虚白頼助

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常明の関連情報