常盤新平(読み)ときわしんぺい

知恵蔵miniの解説

常盤新平

作家、翻訳家、アメリカ文化研究者。岩手県・奥州市出身で、1931年3月1日生まれ。早稲田大学卒業。早川書房に入社し、ミステリー小説誌「ハヤカワ・ミステリマガジン」の編集長を務めた。69年、同社を退社し、文筆生活に入り、自伝的小説『遠いアメリカ』で、87年に第96回直木賞を受賞した。主な翻訳書ウォーターゲート事件を調べた記者のドキュメント『大統領の陰謀』、米現代文学のアーウィン・ショー『夏服を着た女たち』などがある一方で、アメリカの都市文化を紹介するエッセーでも知られた。2013年1月22日肺炎のため逝去

(2013-1-24)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ときわ‐しんぺい〔ときは‐〕【常盤新平】

[1931~2013]小説家・翻訳家。岩手の生まれ。ミステリー雑誌の編集長を経て執筆活動に入る。米国現代文学の翻訳者として活躍、また米国の現実を日本に紹介した。マフィアの研究家としても知られる。「遠いアメリカ」で直木賞受賞。他に「ニューヨーク五番街物語」「窓の向うのアメリカ」、翻訳「夏服を着た女たち」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常盤新平 ときわ-しんぺい

1931-2013 昭和後期-平成時代の翻訳家,小説家。
昭和6年3月1日生まれ。早川書房にはいり,「ハヤカワ・ミステリ・マガジン」編集長をつとめる。のち文筆業に転じ,アメリカ現代文学やジャーナリズムを紹介し,エッセイを執筆。昭和62年自伝的小説「遠いアメリカ」で直木賞を受賞した。平成25年1月22日死去。81歳。岩手県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常盤新平の関連情報