コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐井厳戈 ときわい いかしほこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐井厳戈 ときわい-いかしほこ

1819-1863 江戸時代後期の国学者。
文政2年7月14日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩士斎藤正直の3男。神職常磐井家の跡をつぐ。平田神道に傾倒したが儒学・仏教や蘭学もまなび,幕末には開国進取をとなえる。家塾の古学堂で,巣内(すのうち)式部らをそだてた。文久3年3月13日死去。45歳。通称は仲衛,守信。号は惟神。著作に「強語」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

常磐井厳戈の関連キーワード歴史小説中島名左衛門おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩