コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常葉城 ときわじょう

日本の城がわかる事典の解説

ときわじょう【常葉城】

福島県田村市(旧常葉町)にあった山城(やまじろ)。旧常葉町の中心部の東にある大志多山(標高536.4m、比高90m)を城域としていた規模の大きな城郭である。本郭のほか二の郭・三の郭・四の郭のほか、東の出丸、北の出丸の5つの砦(曲輪(くるわ))で構成されていた。鎌倉時代後期の1274年(文永11)、熊谷直実の子孫の熊谷直則が築いた居館がその起源とされ、以後およそ300年間にわたって、この地域一帯を支配した熊谷氏、常盤氏、石沢氏の居城となった。石沢氏は戦国大名の田村氏に臣従し、同城は相馬領と境を接する位置にあったことから、田村氏の東の備えとして機能した。1589年(天正17)、田村氏の内紛に応じて侵攻してきた相馬・岩城連合軍の攻撃を受け、城主の石沢修理亮が戦死し、同城は落城。その後間もなく廃城となった。現在、城域一帯は舘公園(城址公園)となっており、二層の櫓(やぐら)(模擬天守)が建っているが、常葉城は近世城郭の天守は持たず、この建物はかつての城の建物を復元したものではない。また、二の門跡を起点に三の丸跡や本丸跡に至る遊歩道が整備されている。JR磐越東線船引駅からバスで常葉中町下車、徒歩約15分。◇旭城とも呼ばれる。また、常磐城とも記される。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android