コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陸娘子 ひたちのおとめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常陸娘子 ひたちのおとめ

?-? 奈良時代の女性。
養老年間(717-724)に任をおえて都にかえる常陸守(ひたちのかみ)藤原宇合(うまかい)におくった短歌1首が「万葉集」巻4にみえる。
【格言など】庭に立つ麻手刈り干し布さらす東女(あづまをみな)を忘れたまふな(「万葉集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

常陸娘子の関連キーワード藤原宇合

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android