コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陸宮正仁親王 ひたちのみや まさひとしんのう

1件 の用語解説(常陸宮正仁親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常陸宮正仁親王 ひたちのみや-まさひとしんのう

1935- 昭和天皇の第2皇子。
昭和10年11月28日生まれ。学習院大理学部卒業後,東大理学部動物学教室でまなぶ。昭和39年津軽華子(はなこ)と結婚,常陸宮家を創立する。癌(がん)研究会癌研究所客員研究員として魚類のがんの研究をつづける。日本肢体不自由児協会,日本鳥類保護連盟,発明協会の各総裁。日本赤十字社名誉副総裁。幼称は義宮(よしのみや)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

常陸宮正仁親王の関連キーワード常陸宮三笠宮平成三笠宮崇仁良子九条道実久邇邦久国背別皇子東久邇盛厚箭田珠勝大兄皇子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常陸宮正仁親王の関連情報