常陸宮正仁親王(読み)ひたちのみや まさひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常陸宮正仁親王 ひたちのみや-まさひとしんのう

1935- 昭和天皇の第2皇子。
昭和10年11月28日生まれ。学習院大理学部卒業後,東大理学部動物学教室でまなぶ。昭和39年津軽華子(はなこ)と結婚,常陸宮家を創立する。癌(がん)研究会癌研究所客員研究員として魚類のがんの研究をつづける。日本肢体不自由児協会,日本鳥類保護連盟,発明協会の各総裁。日本赤十字社名誉副総裁。幼称は義宮(よしのみや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android