コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干し貝柱 ほしかいばしら

1件 の用語解説(干し貝柱の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

ほしかいばしら【干し貝柱】

ホタテガイの貝柱をゆでて乾燥させると、栄養価がかわります。たんぱく質17.9g→65.7g、カリウム420mg→810mg、リン260mg→610mg、亜鉛1.8mg→6.1mgとふえます(可食部100g中)。中国では、乾燥した貝柱を「干貝(カンペイ)」と呼び、フカヒレ、干しアワビ干しナマコにならぶ“四珍”の1つと珍重し、高級料理に欠かせないものになっています。
 購入の際は、澄んだ、べっこう色の干し貝柱を選びましょう。
 中国からの輸入ものが多いのですが、北海道東北地方でも生産しています。
 調理のときは、水かお湯につけて1晩置きます。もどし汁はだしがよくでていますので、捨てずにスープなどにして使いましょう。
 漢方では、貝柱には、視神経の機能を高める働きがあるといわれ、徹夜仕事の多い人、1日中目を酷使する人、受験生、決算期のビジネスマンなどに最適です。視神経からくるめまい、頭痛、肩こり、精神不安などの症状を改善します。
 1回に食べる貝柱の目安は缶詰なら、1/4程度が適量です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

干し貝柱の関連キーワードイタヤガイ貝柱乾燥器ホタテガイ漆室鰕卵帆立貝加熱乾燥法麻痺性貝毒流動床乾燥機

干し貝柱の関連情報