コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干渉フィルター カンショウフィルター

デジタル大辞泉の解説

かんしょう‐フィルター〔カンセフ‐〕【干渉フィルター】

ある狭い範囲の波長だけを透過させたり、反射させたりするフィルター。光の干渉を利用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

干渉フィルター

 単色光を得るための薄膜のフィルター.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の干渉フィルターの言及

【フィルター】より

…写真用フィルターは着色ガラスを用いるものが多く,一部ゼラチンフィルターも用いられる。 写真用ではないが,干渉フィルターはガラス基盤上に真空蒸着で作られた光学薄膜の干渉作用を利用するもので,特定の波長だけを選択的に通すもの,特定の波長帯域のみを通すもの,あるいは反射するものなど多くの品種がある。また一般の理化学用フィルターは可視域に限らず紫外から赤外まで広い波長範囲を対象としている。…

※「干渉フィルター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

干渉フィルターの関連キーワードリヨ・フィルター太陽観測装置ドルビー3D天体測光

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android