コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平保業 たいらの やすなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平保業 たいらの-やすなり

?-? 平安後期-鎌倉時代の官吏。
平頼盛の子。平家都落ちに同行せず,父とともに京都にとどまる。平治の乱の際,祖母の池禅尼が平氏に捕らえられた源頼朝の助命をしたことから,元暦(げんりゃく)元年(1184)父の権(ごんの)大納言還任(げんにん)とともに,頼朝の推挙で河内守に任じられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平保業

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉前期の武士。頼盛の子。寿永2(1183)年7月の平家都落ちでは,父頼盛や兄光盛らと共に都に留まる。翌年6月,源頼朝の庇護を受け,その推挙によって父頼盛が権大納言に還任された際,河内守に補任された。

(田中文英)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

平保業の関連キーワード平頼盛生年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android