平字(読み)ヒラジ

  • ▽平字
  • ひょうじ ヒャウ‥
  • ひょうじ〔ヒヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 平声(ひょうしょう)の韻に属する漢字。⇔仄字(そくじ)。〔文明本節用集(室町中)〕
※男重宝記(元祿六年)(1693)二「をのをの平字(ヘウジ)を置座、仄字をおく座、きはまり有」
〘名〙 普通の活字よりも縦の短い扁平な活字。ひらもじ。〔造本と印刷(1948)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android