コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝浦 かつうら

3件 の用語解説(勝浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝浦
かつうら

和歌山県南東部,那智勝浦町の中心集落の1つ。旧町名。 1955年近隣町村と合体して那智勝浦町となる。勝浦湾にのぞむ県下有数の漁港で,マグロカツオなどの遠洋漁業根拠地として有名。断層で分離した陸繋島の狼煙 (のろし) 半島にいだかれた勝浦湾内には鶴島,山成島など大小の島々が点在し,紀ノ松島呼ばれる景勝をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かつうら【勝浦】

千葉県南東部、太平洋に面する市。漁業・観光の町。海水浴場として知られる。
和歌山県南部、東牟婁むろ郡の温泉地。那智なち勝浦町の港近くにある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勝浦の関連情報