勝浦(読み)かつうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝浦
かつうら

和歌山県南東部,那智勝浦町の中心集落の1つ。旧町名。 1955年近隣町村と合体して那智勝浦町となる。勝浦湾にのぞむ県下有数の漁港で,マグロ,カツオなどの遠洋漁業の根拠地として有名。断層で分離した陸繋島の狼煙 (のろし) 半島にいだかれた勝浦湾内には鶴島,山成島など大小の島々が点在し,紀ノ松島と呼ばれる景勝をなす。湾の周辺には温泉が湧出,1912年の鉄道開通後,温泉郷,南紀観光の基地として発展した。吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かつうら【勝浦】

千葉県南東部、太平洋に面する市。漁業・観光の町。海水浴場として知られる。
和歌山県南部、東牟婁むろ郡の温泉地。那智なち勝浦町の港近くにある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かつうら【勝浦】

[一] 千葉県南東部、太平洋岸の地名。県下有数の漁業・観光都市。昭和三三年(一九五八)市制。
[二] 徳島県中東部の郡。勝浦川流域を占め、かつては現在の徳島市をも含んだ。古くは「かつら」。
[三] 和歌山県南東部、那智勝浦町の地名。勝浦温泉がある観光保養地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝浦の関連情報