平宗実(読み)たいらのむねざね

朝日日本歴史人物事典「平宗実」の解説

平宗実

没年:建久7(1196)
生年:安元1(1175)
平安末期の武士重盛の子であったが,藤原経宗養子となり,その知行国常陸,土佐受領となる。文治1(1185)年平氏滅亡ののちに捕らえられたものの,経宗の嘆願で罪を免れて重源のもとで出家東大寺を経て,高野山の蓮華谷に遁世し,生蓮坊と称した。しかし建久7(1196)年に平氏残党の伊賀知忠が京都守護の一条能保を襲おうとした事件で,鎌倉に呼び出される途中,断食死した。

(五味文彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「平宗実」の解説

平宗実 たいらの-むねざね

?-? 平安時代後期の官吏
平重盛の子。大炊御門経宗(おおいみかど-つねむね)の養子。従五位上,土佐守。文治(ぶんじ)元年(1185)平氏残党として捕らえられたが,ゆるされた。「平家物語」によれば,源氏に気がねした経宗に追いだされ,東大寺の重源(ちょうげん)のもとで出家して生蓮房と称し,のちよびだされて鎌倉におもむく途中断食して死去したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android