コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平徳子 タイラノトクコ

百科事典マイペディアの解説

平徳子【たいらのとくこ】

建礼門院

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平徳子
たいらのとくこ

建礼門院」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平徳子
たいらのとくこ
(1155―1213)

建礼門(けんれいもんいん)。平清盛(きよもり)の次女で、母は平時信(ときのぶ)の女(むすめ)時子。1171年(承安1)高倉(たかくら)天皇の女御(にょうご)に、翌年には中宮(ちゅうぐう)になった。78年(治承2)には言仁(ときひと)親王(後の安徳(あんとく)天皇)を生み、のち建礼門院と称した。1183年(寿永2)7月の平氏都落ちには安徳天皇とともに同行したが、85年(元暦2)3月の壇(だん)ノ浦(うら)(下関(しものせき)市壇之浦町)の海戦で入水(じゅすい)、助けられて帰京ののちは、吉田の律師実憲(りっしじつけん)の坊に入り真如覚(しんにょかく)と号した。のち吉田野津御所(よしだのづのごしょ)(京都市左京区吉田)、さらに大原寂光(おおはらじゃっこう)院(同左京区大原草生町)に移って仏に仕え、建保(けんぽう)元年12月13日その生涯を終えた。1187年(文治3)には源頼朝(よりとも)から、平宗盛(むねもり)の遺領摂津国真井(まい)・島屋(しまや)両庄(しょう)を贈られている。[鈴木国弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平徳子の言及

【建礼門院】より

…生没年ともに異説がある。高倉天皇の中宮。名は徳子。平清盛の次女。母は平時子(二位尼)。1171年(承安1)従三位に叙され,後白河法皇の猶子として入内,女御宣下のうえ翌年中宮に冊立。78年(治承2)言仁親王(安徳天皇)を生み,81年(養和1)院号を与えられて建礼門院と称する。しかしこの間,諸国源氏の蜂起により内乱が勃発。83年(寿永2)平氏一門は安徳天皇と門院を奉じて西走。85年(文治1)長門壇ノ浦で一族滅亡のおり,天皇とともに入水したが,女院のみ救助されて帰京,吉田の律師実憲の坊に入り,同年5月落飾して法名を真如覚と称した。…

【平清盛】より

…平安末期の武将。平忠盛の嫡子。白河院の落胤(らくいん)といわれ,母は祇園女御(ぎおんのにようご)の妹とする説が有力。白河院の寵姫であった祇園女御妹が懐妊したまま忠盛に下賜され,生まれたのが清盛という。この生母は清盛生誕の翌々年に病没したらしい。通称〈平相国(へいしようこく)〉〈平禅門(へいぜんもん)〉,またその居所から〈六波羅殿(ろくはらどの)〉〈六波羅入道〉とも呼ばれた。
[軍事権門化]
 平忠盛が鳥羽院の近臣として築きあげた武将としての地位,西国の国守を歴任して蓄えた財力をもとに,忠盛死後,平家武士団の首長を継ぐ。…

※「平徳子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

平徳子の関連キーワード建礼門院右京大夫集建礼門院右京大夫中山忠親厳島神社安徳天皇高倉天皇藤原成経七条院平時忠寂光院俊寛真禎