コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平忠 へいちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平忠 へいちゅう

?-956 平安時代中期の僧。
菅原道真の孫。菅原淳茂(あつしげ)の次男。真言宗。京都仁和(にんな)寺で真言密教をおさめ,天暦(てんりゃく)元年安楽寺天満宮(太宰府(だざいふ)天満宮)の初代別当となる。天暦10年3月5日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平忠の関連キーワード野風の笛 隆慶一郎「捨て童子・松平忠輝」より兵庫県神戸市長田区駒ケ林町兵庫県神戸市長田区野田町大分県大分市王子西町捨て童子・松平忠輝大分県大分市津守太宰府天満宮大須賀忠政平忠常の乱松平忠栄高田の方松平忠学祇園女御岩本将監岡部忠澄伏見奉行俊成忠度越前騒動菅原道真松平忠愛

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android