コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原淳茂 すがわらの あつしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原淳茂 すがわらの-あつしげ

?-926 平安時代前期-中期の官吏,学者。
菅原道真の5男。父が左遷されたとき播磨(はりま)(兵庫県)に流される。のちゆるされて式部権大輔(しきぶのごんのたいふ),大学頭(かみ),文章(もんじょう)博士となる。漢詩文にすぐれ,詩が「本朝文粋(もんずい)」「扶桑集」などにのこる。延長4年1月11日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅原淳茂の関連キーワード耶律阿保機渤海国渤海(国)耶律阿保機イドリース朝東丹王明宗[後唐]耶律阿保機李存きょく荘宗

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone