コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平成18年豪雪 へいせい18ねんごうせつ/へいせいじゅうはちねんごうせつ

2件 の用語解説(平成18年豪雪の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

平成18年豪雪

2005年11月中旬頃から日本付近に寒気が南下しやすくなり、12月は20年ぶりの低温で日本海側は記録的な大雪となった。06年1〜2月も断続的に強い冬型となり、除雪作業中の事故などで151人が死亡した。気象庁は43年ぶりに「平成18年豪雪」と命名した。最深積雪(cm)は新潟県津南町416、青森県酸ケ湯441など。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平成18年豪雪

気象庁が命名したのは、63年の「昭和38年1月豪雪」以来。この冬は全国23地点で年間の積雪記録を更新した。新潟、長野県に災害救助法が適用され、自衛隊の災害派遣は、6道県に及ぶ。国は、自治体の道路除雪への補助金配分や市町村への特別交付税措置などをとっている。

(2006-04-09 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平成18年豪雪の関連キーワード秋雨前線暖冬寒冬冠座月中中旬梅雨型蛇座吉原俄セメスター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平成18年豪雪の関連情報