平極法(読み)へいきょくほう(英語表記)flat poler method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界全図に用いる地図投影法において,高緯度地方の地図のひずみを少くする目的で,点の両極を線分または曲線弧に変える方法。エケルト図法が最初の例である。 1949年にドイツの K.ワグネルが,一般的な方法として,既存の地図投影法の計算式に任意定数を挿入することを考案し,サンソン図法ハンメル図法モルワイデ図法などについて具体的な形状を発表した。そのうち,ハンメル図法を平極法で変換したものをワグネル図法という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android