平田 小六(読み)ヒラタ コロク

20世紀日本人名事典の解説

平田 小六
ヒラタ コロク

大正・昭和期の小説家,評論家



生年
明治36(1903)年11月1日

没年
昭和51(1976)年5月18日

出生地
秋田県大館町

別名
別名=木村 狷介(キムラ ケンスケ)

学歴〔年〕
弘前中学校卒

経歴
大正12年小学校本科区教員資格を取り、青森県で小学校に勤めた。昭和4年上京、東京毎日新聞などに勤務、7年唯物論研究会の機関誌「唯物論研究」編集助手。8年11月から「文化集団」に長編「囚はれた大地」を連載、注目された。同時に「文芸」「文学界」「新潮」などに農村を舞台の作品を次々発表。13年天津に脱出、京津日日、米穀生産者団体などを経て戦後引き揚げた。21年「群像」に「片隅で」を発表、以後「常森を尋ねて」「杜のあけくれ」などを雑誌に書き、木村狷介の名で評論、評伝も執筆。他に「童児」「トルストイ人生読本」「瑞穂村」「平田小六短編集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android