コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田延胤 ひらた のぶたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田延胤 ひらた-のぶたね

1828-1872 幕末-明治時代の国学者。
文政11年9月生まれ。平田銕胤(かねたね)の長男。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。父に国学,神道学を,山国兵部兵学をまなぶ。幕末,藩内の尊王運動の理論的指導者となる。維新後は神祇権大祐(じんぎごんのたいじょう),宣教判官,明治天皇侍講などをつとめた。明治5年1月24日死去。45歳。通称は延太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平田延胤の関連キーワード湯谷 基守小島盛可野中武雄佐竹義尭国学者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android