平田延胤(読み)ひらた のぶたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田延胤 ひらた-のぶたね

1828-1872 幕末-明治時代の国学者。
文政11年9月生まれ。平田銕胤(かねたね)の長男。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。父に国学,神道学を,山国兵部兵学をまなぶ。幕末,藩内の尊王運動の理論的指導者となる。維新後は神祇権大祐(じんぎごんのたいじょう),宣教判官,明治天皇侍講などをつとめた。明治5年1月24日死去。45歳。通称は延太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android