コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平経俊 たいらの つねとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平経俊 たいらの-つねとし

?-1184 平安時代後期の武将。
平経盛の子。伊賀守(いがのかみ),若狭守(わかさのかみ)を歴任。寿永2年平氏一門とともに都落ちし,3年2月7日一ノ谷の戦いで討ち死にした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平経俊

没年:元暦1.2.7(1184.3.20)
生年:生年不詳
平安末期の武将平経盛の子。経正の弟で,敦盛の兄。治承2(1178)年1月に伊賀守となる。時に従五位下。同3年11月には父経盛が知行国主だった若狭国の守となるが,平家一門と行動を共にし,元暦1(1184)年一の谷の戦で経正,敦盛らと共に戦死した。『平家物語』によれば,淡路守清房,尾張守清定と3騎で敵の中に駆け入り,さんざんに戦ったのちに討死したというが,経正や敦盛に比べると,その実像は今ひとつ明らかではない。

(土谷恵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

平経俊の関連キーワード元暦越後中太一条忠頼今井兼平佐々木秀義関兼衡平敦盛平忠度平経俊平業盛